ラブリーボーン
f0166497_1647148.jpg私はスージー・サーモン。
お魚みたいな名前でしょう。

私は14才で殺された。

子供への愛に溢れる母と父。
羨ましいくらいに仲の良い家族。
そんな家族を襲った突然の不幸は暴力的に命を奪われてしまった我が子の死でした。

映画館でのCMを観た限りでは殺されたスージーが犯人を追い詰めていくストーリーと思っていたのですがスピリチュアル的な要素やサスペンス的な要素も含んでいましたね。その為かストーリ自体の方向性がバラバラで中途半端に感じました。
犯人しかりラストシーンも納得できるものではありませんでしたが映像美は実に素晴らしかったです。
[PR]
by fct_12pride | 2010-04-09 16:55 | CINEMA
<< 交渉人 THE MOVIE
PageTop
バーゼルフェア2010 >>