超えられなかった16強の壁
 120分の激闘を終えて日本代表のW杯は終わった。

大会前のテストマッチでの散々な結果で大半の人は予選敗退を予想していたであろう。
しかし初戦のカメルーン戦で自国開催以外では初の歴史的勝利をあげ2勝1敗の素晴らしい成績で見事に予選を突破してくれました。感動を興奮をありがとう。

日本代表としては2度目の決勝トーナメント進出。対戦国のパラグアイには勝てるチャンスがあっただけに残念な結果だった。故に改めて決勝トーナメントで勝つ難しさを思い知らされた試合でもあった。『超えられなかった16強の壁』は次に持ち越しです。4年後、8年後、12年後、16年後、この16強の壁を越える日はいつ訪れるのだろうか。そして俺は16強の壁を越える日を見届けられるのだろうか。そう思うと、そうそう簡単に訪れないであろう16強の戦いを勝ってほしかったのが本音なところ。しかし今大会では礎を築けたと信じたい。日本代表の更なる飛躍に期待を込めて・・バモ!ニッポン。

試合後の長谷部のインタビューで
『ほとんどの選手がJリーグでプレーしているのでJリーグにも足を運んで、ぜひ盛り上げてもらいたいなと思います』のコメント。
あの状況でこの言葉には心底感動しました。7月17日からは待ちに待ったJリーグも再開します。これを機にもっともっとJリーグが盛り上がることを願いたいですね。

日本代表の選手、スタッフの皆様お疲れさまでした。
[PR]
by fct_12pride | 2010-07-01 17:42 | FOOTBALL
<< 快適サクサクiMac
PageTop
今宵は世界を驚かす日になる >>