緑が嫌いな理由(わけ)
 Jリーグ創設時のヴェルディ川崎は1番の人気チームだった。
読売という金満親会社が付いている為、人気選手を集め人気選手に高額な年俸を支払い、企業努力をしなくともスタジアムは常に満員状態だった。
Jリーグでは発足当初から地域密着を志し、企業名を冠さないようにと訴えていた。にも関わらず読売は企業名を冠してメディアに露出していた。そこで協会が読売に対し強い不信感を唱えた。その結果ヴェルディは『読売』から『川崎』に変更し、更にこの問題で嫌になったのか、それ以降サッカーに力を入れなくなったのは言うまでもない。実に大人げない...。
野球しかり金満会社の読売のわがままぶりにはホトホト呆れるばかりだ。

 もともとは東京をホームタウンに考えていた読売だが、Jリーグの規定を満たすスタジアムがなかったため川崎市に移った。少なくとも川崎市とヴェルディの関係は良好だったはずだ。しかし東京に移りたいと常々考えていた読売は川崎市を裏切り東京移転を決めた。
読売としては自信もあったんだろう。巨人ファン、更にはFC東京のサポーターも囲い込めると考えていたに違いない。しかし・・FC東京は地道な努力を重ね確実に地域に根付いていた。FC東京のサポーターにはマイクラブの誇りがある。ヴェルディが移転してきた所で何ら変わりはない。にも関わらずヴェルディはチーム名を『東京ヴェルディ』に変更し、はたまたFC東京のホームグランドにズカズカと乗り込んできた。東京サポーターは鞍替えどころか、ますますヴェルディを嫌いになります。当然だよね...

♪♪ オレ 一生  オレ は大ッ嫌い  ♪♪

ってな具合にね・・・

 Jリーグ創設時のヴェルディは多大な影響力と功績でJリーグを盛り上げてきたと言っても過言ではなく、間違えなくヴェルディの功績は大きいです。
しかし、それ以上にヴェルディ・・いや読売はJリーグ、川崎市、サッカーファンを裏切ったのではなかろうか。このような経緯から東京サポーターの反感を受け、更にはヴェルディのサポーター離れに繋がります。おそらく現在J1のチームでサポーター・ファンの数、観客動員は1番少ないんじゃないでしょうか。
Jリーグそして東京ダービーの事を考えてもヴェルディにはより一層の努力を願いたいが・・・果たして...
[PR]
by fct_12pride | 2008-06-12 00:51 | FC.TOKYO
<< 噂のお店・・焼き肉編
PageTop
復活!? >>