カテゴリ:CINEMA( 19 )
シュアリー・サムデイ
f0166497_13414968.jpg

小栗旬の初監督作品。

若干の物足りなさは感じましたが若さと勢いを感じる青春暴走ムービーでいてバカで最強です。初作品としては良かったのではないでしょうか。
エンドロール後の細かな演出もあり小栗旬の映画に対するこだわりと情熱が狭間見える作品だと感じました。くだらなくて青さを感じる青春映画が好きな方にはオススメですね。

シュアリー・サムデイ = いつかまた

監督してのシュアリー・サムデイがあるのかな?
あるとしたら次回作こそは真価が問われるでしょうね。
[PR]
by fct_12pride | 2010-07-21 23:37 | CINEMA
映画まとめ
f0166497_10255285.jpgf0166497_10235833.jpgf0166497_10241964.jpgf0166497_10263721.jpgf0166497_16281215.jpgf0166497_10245026.jpg

ブログ更新を怠っているので観溜まってしまったレビューをザクッといきたいと思います。

●ゼブラーマン−ゼブラシティの逆襲 ☆☆☆ う〜ん最初の作品の方が好きかな。仲里依紗ちゃんのセクシー衣装はGOOD!!
●てぃだかんかん ☆☆ 気持ちの伝わる良い作品でした。もう少し岡村さんの沖縄弁が上手だったら・・w
●Flowers ☆☆ 時代背景の映像の作り込みなど良かったですね。やっぱり竹内結子は好きだなー。
●告白  松たか子の容赦無い復讐ぶりはまるで鬼畜。相手が中学生にも関わらず、これから先の人生を考えて更生させようなんて生ぬるい事はしません。根底にある人としての本質は誰しもが抱く思いではないでしょうか。なーんてね。
●瞬-またたき- ☆☆☆☆ 何を伝えたいのか?ストーリーも???ばかりな作品でした。
●借りぐらしのアリエッティ[試写会]☆☆ 公開前なので控えめに・・アリエッティは可愛かったです。はい。
[PR]
by fct_12pride | 2010-07-16 17:10 | CINEMA
シャッターアイランド
f0166497_23235167.jpg
観終わってみて予告編の煽り上映前の煽りは少しやり過ぎ感を感じた所が正直なところ。

レオナルド・ディカプリオは年月を重ねていくに連れ良い役者さんになってますよね。素晴らしい演技で驚きを魅せてくれました。特にラストは衝撃的でしたね。脇を固めたキャストも素晴らしく彼らの演技だけでも満足できるのではないでしょか。

冒頭から煽れたおかげでかなり集中して観ました。
深い。深いですね。人によっては捉え方が違うかも知れません。何てたって僕がその一人だからです。真実は一つなのか?確かに真実は一つなのだが信じたくない自分もいる。なぜか?それは僕が歪んだ人間だからか?おっと!書きすぎるとネタバレになるのでこの辺りで。なにわ共あれディカプリオが最後に下した決断には唸らされましたね僕的には。
[PR]
by fct_12pride | 2010-04-13 23:46 | CINEMA
ライアーゲーム  ザ・ファイナルステージ
f0166497_1716108.jpg
改めての劇場版ではなくまったくもってドラマと一緒の作り込みでド直球でした。ある意味すばらしいですね。

さすがにファイナルステージまでくるとその一途な素直さを観ていてイライラするのですがゲームが進むにつれ秋山の力を借りず精神的に強くなっていく神崎直は心強かったです。

↓ ネタバレになるので隠しています。気になる方は(笑)ドラッグでみれます。
エンドロール後の手紙のトリックは思わず顔色が緩んでしまう程の抜群なオチでしたね。あれって大塚さんよね?
ライアーゲームのドラマ好きとしてはとても楽しめた作品でした。

ライアーゲームの中で裏切りと欲望の世界をえぐりだす様は其れは正に現実社会を描いているのではないだろうかとさえ思えてくる。
[PR]
by fct_12pride | 2010-04-09 17:28 | CINEMA
交渉人 THE MOVIE
f0166497_16575866.jpg
乗員・乗客159人の命を守るーそれが最後の任務。
2億6,000万円が現金輸送車から強奪される事件が発生。犯人は人質をとりショッピングモールに立てこもった。


2シリーズに渡って放送されたドラマ交渉人は一度も観たことがないので映画として素直に観る事ができました。正直それはあり得ないでしょうのシーンが多いのは確かですがテンポも良くスリリングに進むストーリーは気持ち良かったです。ただタイトルにもなっている交渉人『交渉』ではなくアクション映画のような作品作りで交渉人とは少しかけ離れているように感じました。

ドラマを全く見ていないので何とも言い難いですが城田優の役どころが今いち理解できなかったです。はい。
[PR]
by fct_12pride | 2010-04-09 17:14 | CINEMA
ラブリーボーン
f0166497_1647148.jpg私はスージー・サーモン。
お魚みたいな名前でしょう。

私は14才で殺された。

子供への愛に溢れる母と父。
羨ましいくらいに仲の良い家族。
そんな家族を襲った突然の不幸は暴力的に命を奪われてしまった我が子の死でした。

映画館でのCMを観た限りでは殺されたスージーが犯人を追い詰めていくストーリーと思っていたのですがスピリチュアル的な要素やサスペンス的な要素も含んでいましたね。その為かストーリ自体の方向性がバラバラで中途半端に感じました。
犯人しかりラストシーンも納得できるものではありませんでしたが映像美は実に素晴らしかったです。
[PR]
by fct_12pride | 2010-04-09 16:55 | CINEMA
人間失格
f0166497_2328728.jpg
僕は原作を読んだ事はありません。
率直な感想として、とにかく退屈な134分でした。

生田斗真が演じる主人公が転落していく様を描いている作品なのですが、その世界観にまったく入り込めませんでした。原作を読んだ事がないので映画としての感想を・・とにかく浅い。落ちぶれていく様が浅い。挙げ句の果てには幾度となく自殺行為をする。どうしてこうもすぐに死にたがるのか。そのプロセスに共感をもつ事ができませんでした。

この作品が何故に美学と言われるのか?理解できません。
太宰治の自叙伝になっている作品のようですが彼のとった行動と選択は、それはまさに「人間失格」といった所でしょう。

原作を読んでみる事にします。少しは理解できるかもしれません。
改めて映画の良さがわかるかも・・・知れませんね・・・。

[PR]
by fct_12pride | 2010-02-24 23:45 | CINEMA
食堂かたつむり
f0166497_130966.jpg
『生きることは、食べること。』

生きる意味、食べる意味、とても大切なメッセージを伝えてる作品だと思います。若干強引な所はありますが・・
オープニングからハートフルで童話的な映像にグッグッと引き込まれまつつも、ほんわかと温かい気持ちにさせられる柴咲コウの演技は存在感がありました。

おかん役の余貴美子の演技にも拍手です。ブタの××××にも拍手です。
映画では良くあるありきたりの愛情かもしれない。それでも改めて親が子に抱く愛情を感じる事ができました。

好き嫌いが分かれる作品だと思います。でも僕は好きですよ。

エンディング曲?主題歌?あれはなしですね。ないない。残念でした。
[PR]
by fct_12pride | 2010-02-10 01:35 | CINEMA
ゴールデンスランバー
f0166497_012823.jpg無実の男、首相暗殺犯に断定。誰が、彼を救えるのか。

 ごくフツーの一般市民が首相暗殺犯に仕立て上げられ警察の組織力と情報力の前にひたすら逃げ回るさまを描いた作品。飽きのこない展開に、たわいもない雑談や随所に魅せるユーモアで2時間を超える作品であっても長くは感じませんでした。

 仲間の絆や不思議と繋がる絆を言葉ではなく感じる事のできる作品に仕上げている所はさすがの伊坂作品×中村監督ですね。
ちなみに「アヒルと鴨のコインロッカー」ではボブ・ディランで今作品はビートルズ。作品にシンクロしたナイスな選曲です。

 堺雅人の演技はさすがでした。ひたすらに逃げ回る様は、まさにロックです。さらには堺雅人の周りを取り巻く味のある役者さんも良かったです。ただ肝心な部分で結局の所どうなの?と少しモヤモヤ感な疑問は残りましたがストーリーの終わり方としては好きですね。「よくできました」です。はい。イメージで・・っと言う事ですね。。


 伊坂作品×中村監督のコンビでは「アヒルと鴨のコインロッカー」も好きな作品ですが、両作品に出演している浜田岳は良い味出しますね。さすがです!
[PR]
by fct_12pride | 2010-02-06 00:27 | CINEMA
ゼロの焦点
f0166497_23565335.jpg中谷美紀の演技が実に素晴らしいです。

 作品においての存在感、眼力は恐ろしくなるほど強く、これほどの演技ができる女優さんが他にいるのだろうか?と、自問自答するほどの素晴らしい演技でした。助演女優賞は間違いないかと・・。

 助演女優賞は間違いないかと・・と、言ってはみたもののストーリー的には配役の焦点がズレているように感じました。本来なら広末涼子が演じる禎子が主役なのですが、完全に中谷美紀が演じる室田佐知子が焦点になっているような気がします。
中谷美紀、木村多江の演技力が際立っていた事もあるのでしょうが・・

 松本清張の推理小説が原作だけにミステリーやサスペンスとの言葉が先走りますが、戦後の混乱した社会背景を描いてるストーリーのなか戦後、女性が地位を向上していこうとする力強い姿はすごく伝わってきました。
[PR]
by fct_12pride | 2009-11-26 00:03 | CINEMA
PageTop